中長ブログ - 最新エントリ

最新エントリ
2017/10/19
カテゴリ: 日記 : 

執筆者: ななこ (08:19)
あいこ先輩回していただきありがとうございます!
1年の桐山菜奈子です。

1年生がそれぞれ大学のジャージを着ているのを見て、いいな〜欲しいよ〜羨ましい!!!と言いまくってましたが、、笑
先日淑徳のジャージができると決まりました!
わーいわーい( ˆoˆ )
嬉しすぎて学校で飛び跳ねてました(笑)
届くのがすっごい楽しみです😆

先週は秋季大会お疲れ様でした!
中長からPB、SBがたくさん出て嬉しいです!いろんな人のレースを見て色々考えさせられ…心入れ替えて私も頑張ります。
最近のわたしは最後の200でひょいっと抜かれたり、前の人からどんどん遠ざかったりとラストがすごい弱いと感じます。
何か良い練習方法あったら教えてください!🙏

1500パートに来てもう5ヶ月。時間早すぎる(´;︵;`)
このパートに来て良かったなぁと思ったことは練習の目的が明確に示されてあって、自分でもちゃんと考えて練習するようになったことです。初めて中距離ミーティングに参加した時は、解糖系とか呼吸器系とか生物の授業でしか聞いたことなかった言葉が並んでいてバカな私は頭がパンクしそうでした。。
10月最後の中京土曜を目標に練習してきたのでPB更新できるよう残りの時間も大切に頑張ります!

次は、昨日動き作りで教えて下さりありがとうございました。みずき先輩お願いします!!
2017/10/16
カテゴリ: 日記 : 

執筆者: あいこ (18:58)
みずこし〜回してくれてありがとう!
こんにちは!
2年の松浦藍子です
最近の趣味は筋トレです。暇さえあればトレ室通ってます笑


最近あった嬉しいことを書きたいと思います

この秋季大会が行われていた土曜、
あたしは地元半田市の愛知駅伝の選考会の最終選考の方に出場していました。

わたしは小学校からずっと陸上を続けていましたが、様々な種目をやってきました。投げる種目以外はほとんど制覇しています笑
そこで大学から長距離を始め、理由は色々あるのですが…。
その1つに愛知駅伝のメンバーに選ばれることでした。地元を背負って走るってカッコいいじゃないですか笑
そこで、走った結果、メンバーに選んでもらいました!めちゃ嬉しい‼‼

地元の練習会に顔を出すと、小中学校のときにお世話になったコーチやほかのクラブのコーチにまで声をかけてもらい、いつまでも応援してくれることを実感します。また、選手をやっているのなら絶対サボれないなぁって思ったり笑

陸上を通してたくさんの方と関わることができ、すごく幸せです。
そこで、愛知駅伝ではチームを引っ張り、盛り上げていきたいと思います。

わんちゃん、テレビにも映ってスカウトされちゃったり……。
芸能活動始めても陸上はやめません笑

しゃしゃりました。すみません

そして最終的な夢として、教師になり次は陸上の指導者として半田市と関わっていきたいと思います。

次はななこちゃんに回したいと思います!
2017/10/13
カテゴリ: 日記 : 

執筆者: 水漉菜穂子 (22:19)
秋季大会1日目お疲れまさです。

塚本先輩回していただきありがとうございます!
長距離1年の水漉菜穂子です。
自己紹介します。

名前:水漉菜穂子(みずこしなほこ)
大学:金城学院大学
出身:阿久比高校
種目:長距離
趣味:韓国ドラマを見ること

韓国ドラマ大好きです!電車の中でとか暇さえあれば見てます!なのですぐギガ数減っちゃいます、、、
見たことない人は興味がなくても見てみてください。はまっちゃうはずです!笑

私は小学、中学、高校で陸上やってました。
高校の時は1500、3000です!
高校で引退してからは全く走ってないのでブランクが大きいな〜と本当に実感します、、、
ずっと陸上やっていたので去年やめてたときはなんか物足りたい感じがありました。
山の上に入ってからは本当に充実していて楽しくてやっぱり陸上をまた始めて良かったと思います!
今は足の甲を痛めてしまってjogしか出来てませんが、早く治してメニューに参加したいです。体幹がんばります!

これからよろしくお願いします!

次は地元が近い藍子先輩お願いします!
2017/10/12
カテゴリ: 日記 : 

執筆者: つかもと (17:21)
がっつさん回していただいてありがとうございます。
院試合格おめでとうございます!
来年から名大生になられるということで、頼もしいことこの上ないです。
院生が主力という名大の危機的状況が女子にまで拡大するという未来が見えなくもないです!


どうもみなさんこんにちは。
2年の塚本です。
通常レーン初登場となります。
このまま書くことなく卒業することを覚悟してました。
本当にがっつさんありがてぇ。。。
関係ないけど愛工大には勝ちてぇ。。。


みんな恐らく分かっていることかつどうでもいいことですがなぜ通常レーンが全然回ってこないかと言いますと、中長ブログには東海インカレ、全日(全女)予選、七大戦、東海学生駅伝(あと新入生が入ってくる時期)が近づくたびに特設レーンが開設され出場する人や関係ある人はその度に書くことになるため、そこで書いている人は普段回ってきにくくなってしまいます。
中長パート全体の人数的に1人が年に2回回ってくれば多い方だと思うので、上の特設レーンで書いてしまうともう次はだいぶ先ですね。

かくいう僕はこれまで1年半上の4つ全部書かせていただいております。
これは主要な試合に毎回出させてもらっているということなので良いことだと思っております。
自分はよく風邪や不注意(ex.家の壁に足の小指をぶつける)などで走れなくなり調子を崩してしまうことがあるので、狙った試合に出場できなくなってしまう可能性が比較的多い選手になってしまっています。
今のところはそういうことが起こっていない結果、上の特設レーンを書く機会をいただけていると思うので、これからもしっかり状態キープに気を遣って主要な試合はしっかり走れるようにしていきたいと思います。
つまりますます通常レーンでの出番を遠ざけられるように頑張りたいと思います(?)

通常レーンを書くことが少なくなるのは寂しいことですが、今回のように運良く回していただいた時には己の持てるポテンシャル全てをぶつけていきたいと思います。
と、いうことで早速余談に入っていきたいと思います。


先日出雲駅伝が行われましたね。
厳しいコンディションだったそうで1区から色々波乱の展開でした。
個人的には知り合いがいて応援していた北海道学連選抜が12位に食い込んだことがとても刺激的でした。顔見知りが全国の舞台で活躍することはやはり嬉しいし、なにより自分の陸上に対するモチベーションアップになっていると思います。
自分も出雲路を走ってみたいなあ


とか考えているうちに、陸上を通してだいぶ知り合いが増えたことを実感しました。
今週末には箱根駅伝の予選会が行われますね。たくさんの高校時代の友達や先輩が走るのでとても楽しみです。
個人的に筑波と上智は頑張ってほしいなと思っています。

最近はツイッターなどで誰かが良い結果を出すとすぐに分かるので、関東の知り合いたちが予選会に向けて記録を上げてきていることが逐一チェックできます。
自分たちよりもレベルの高い場所で上を目指そうとしている彼らは、より謙虚な姿勢で陸上に向き合っています。
というのは、例えば自分たちは東海地区でトップになることを目標にしていますが、もしなれたとしてそこで満足してしまっていては井の中の蛙で成長が止まってしまいます。そこでいかに関東や関西などレベルの高い他地区と張り合っていこうという気になれるかが飛躍の鍵になるのだと思います。

つまり関東の人たちはいくら強くなってもまだそれよりも上がいるため、強くなることに対して貪欲になりやすく、ぐんぐん力をつけていっているのだと思います。
高校の頃は負けたことがなかった選手が、関東の大学へ行って自分より全然速い記録をポンポン出しているのを見てショックを受けることがよくあります。
負けたくないです。そのために、着実に強くなっていかないといけないと思います。


という強引な流れで、皆さんがいつもやっているように自分の陸上の話に入らせていただきます。

自分は合宿で上手く走り込めたためか、夏休み中盤から好調が維持できています。
涼しくなってきてからのレースで、5000mでセカンドベスト、10000mでベストを更新することができました。
特に全日の選抜選考の10000mではいい走りができて自信になりました。

このまま記録を伸ばして、東海地区のトップレベルを目指していきたいと思います。
実際来年以降も名大が勝ちを目指していく上では自分も東海地区ではトップレベルで走らないといけないと思っています。
それを目指す上で、東海地区の中だけを見るのではなく他地区のライバルたちも意識して貪欲に強くなっていきたいと思いました。


最近部の中で「課題の明確化」が弱いという話が出て自分の中での走りや練習についても考える機会が増えました。
確かに自分は今年の初めの方はあまりレースを意識した練習が出来ておらず、「練習のための練習」になってしまっていました。それは自分の中で課題の明確化ができていなかったことが原因だとおもいます。
着実に強くなっていくためにはこういった期間をいかに無くしていくかが大事だと思います。

具体的には自分は疲労抜きでも強化練習でもない中途半端なjogをしない、という対策を打ちました。
何も考えがないままjogするのではなく、疲労抜きのときはとことんペースを落としてリラックスして走る、強化jogの時は速いペースの中でスムーズさを意識していい動きで走る、と言った感じです。
前はいつも長めに速くも遅くもないペースでjogしてきたのですが、それだとただ疲れてしまうだけな気がしたので、しっかり集中して走る、それができない時はとことん疲労を抜く、という風に分けています。
自分の課題はフォームが崩れたら粘りが全く効かなくなることだと思ったので、少しでも長くいい動きがキープできるための日頃の練習から意識しに置いておくことが良い対策になると思って始めました。
この対策は上手くいっていると思っていますが、いつか上手くいかなくなって調子が悪くなる時も来ると思うので、その度に課題に応じた対策をいろいろ試して見るのも大事だと思いました。


なにやら全体的に上手くまとまりませんでしたね。
まとめると
・駅伝シーズンが開幕!楽しい。
・でもライバルが強くなってて悔しい。
・負けたくないから強くなるために考えなければ
という感じですね。
凝縮すれば3行で終わるブログをだらだらと長くしてしまってすいませんでした。。。

また、回転重視で早く回す要員として回してもらったのにもかかわらず日をまたいでしまって申し訳ありません。
ブログは回ってきた日に書くのがマナーでした。和田ごめんな?


そろそろ次に回したいと思います。
合宿のご飯とレセプションでよく一緒になる水漉さんに回します。
よろしく!
2017/10/11
カテゴリ: 日記 : 

執筆者: わら (09:18)
きのちゃん回してくれてありがとう(*´∀`*)
いつでも元気注入してあげるから、早く山の上戻ってきなね…!待っておるぞ…!


おはようございます、名市4年の小笠原です。
いきなり余談ですが
私は来年から名大(院)生になることが決まりました。わーい!
競技は続けていくつもりなので、来年からもよろしくお願いします(^ ^)


さて近況報告
というか一橋のOP1500mの後、さすがに遅すぎだろどうしたって何人かに言われたので、言い訳と今後の抱負……

まず言い訳から
本来走り込むであろう夏休みを、ほぼ全て院試勉強に捧げました。間違いなく大学受験より勉強した。
おかげで無事に受かったんですけど、結構長期間、陸上からがっつり離れました。
9月中旬〜下旬は本当に少しも走ってません。こんなに走らなかった夏休みは小6ぶりです。
(いやそもそも今年、夏休みなんてものは無かった笑)


こんな感じで、冗談抜きで1からスタートです(笑)
ただまぁこんな機会もないので、自分の練習方法とか生活習慣とか見直しながら前に進みます。課題は多い…。


本当だったら秋季で800も1500もベスト狙いたかったけど、さすっがに厳しいので秋季は出るだけになりそうです。目標の大幅下方修正ほど悔しいものはないですね。
とりあえず東海学生では、最低でも去年の自分を越えたいです。あと2ヶ月。


…って書いてはっとしたんですけど
東海学生までもう2ヶ月切ってるんですね!早すぎるぅぅ
2ヶ月で出来ることなんて少ないけど。でも継続すれば何かが変わるかもしれない。今からでもまだ間に合う。
と自分に言い聞かせてます。
まだまだここからっ


という訳でまずは秋季
終わったらいよいよロードシーズン!
みなさん頑張りましょう!


さて次も回転重視で早めに書いてくれそう
且つ
結構ブログ書いてるけど、今まで通常レーン回ってきたことないよね?笑
ってことで塚本に回します(^ ^)
秋季2種目?ふぁいと!
2017/10/10
カテゴリ: 日記 : 

執筆者: なほ (21:48)
練習お疲れ様です!
金城学院大学2年の浅野です。

和田くん回してくれてありがとう!
偶然にしては多すぎるんじゃないか?と思うくらい一緒になる機会が多かったね(笑)
毎回楽しませてもらいました!ありがとう!

話は変わりますが、今の私の現状を話したいと思います。
8月の初めに腰を痛め、2ヶ月間リハビリや治療を続けています。しかし、状況は悪化が進んでおり、最近では90分の授業を座ってうけるのも辛く、山の上には行かず、大学のトレ室で出来ることをこなすという形で活動しています。
設定していた試合も出ることが出来ず、山の上での練習にも参加出来ず、モチベーションも体力もゆっくり〜♪ゆっくり〜♪下ってく〜と言う具合に下り坂ですが、目標を達成させる為に使える時間は刻一刻と減って行くので、まずはメニューが出来る状態に戻れるように治療に専念していきたいと思います。

少し早いですが、テンポよく回っている流れを壊さないように次に回したいと思います!

次は…会う度に元気を注入してくれる、わら先輩お願いします!
2017/10/09
カテゴリ: 日記 : 

執筆者: WADASHIN (17:00)
そのままの意味です
飯田先輩どうもです、今回ブログを任された長距離一年和田です
昨日の夜二年生の先輩方(マイケル先輩、コントシ先輩、ヤマダ先輩、シミズ先輩、ツカモト先輩、ミキトシ先輩)から突如ほぼ同時刻にラインがきました
内容はみんなブログはよ書けというのと次女子に回せというのと…いやいや、ブログ回ってきたの昨日なんですけど!!笑笑
マイケル先輩曰くブログは回ってきた日に書くのがマナーだそうです笑聞いたことないですわ笑
ではちゃんと中身をかくことにします
大学入ってからはや半年、1500m3回、5000m2回と計5回試合に出ました
1回目から2回目にかけてはどちらも受験期のブランク明けのため大幅にタイムを縮めることができ心地よい限りでした
やっぱり陸上においてタイムが上がることほど嬉しいことはないですよね!
でも先日の一橋戦の1500mOPではついにタイムが伸び悩んでしまいました。正直七大戦以来で、合宿とかも越えたし2週間前の5000mも調子が良かったのでまだ伸びるだろうと思っていた矢先だったため驚きが隠せません
ここで思いました、自分がホントに今までしっかり努力してきたのかと
実際、色々反省点はありました
でも何より1番の原因と思ったのはくにし先輩のブログを見て感じた目標をはっきりもっていなかったということ
せっかく2017年後半の目標は建てたのに練習中にそれを意識せずただ練習をこなそうとするだけでした
やっぱりこんくらいのタイムで走るには練習でこのくらいしなきゃいけないとか考えてやるだけでも質はかわってくるのかなと思います
ファンモンもこう言っていました
「あの日描いた夢はいつだって僕たちを待ってる
向かい風に吹かれたってそこで待っているのに
夢から遠ざかっていたのは僕たちの方だろう?
さぁ追いかけて追いかけて今から迎えに行こう
走り出せ」
そう、一度建てた目標はずっとそのままあるはずなのに、それを意識することなく心から遠ざけていたのは自分の方なんです。だからファンモンのいうように目標めがけて追いかけて走るという姿勢をもってやっていきたいです!
というわけで長くなりましたが次の人を指名したいと思います笑
一橋戦のレセプションでも近くになり、というか数々の場で近くの席になった(笑)浅野先輩、お願いします👍
2017/10/08
カテゴリ: 日記 : 

執筆者: 飯田康平 (13:28)
洗濯しました。悲しいです。。

伊藤ありがとう!
よくわからないタイミングで回ってきて驚いてます。
ブログは約半年振り、3年の飯田です。
ということで年度が変わってからは書いてないので自己紹介から始めたいと思います。

名前:飯田康平
学部:工学部
学科:圧倒的社環
(先日、なんとか希望通りの研究室に配属されました。ヤッタネ!)
出身:桑名高校(三重県)
実家は桑名市ではなく川越町というところです。(←ここ大事)
好きな食べ物:辛いもの全般
下宿始めてから、自炊のときの味付けは香辛料等を駆使した辛いものになりがちです。

続いて自分の競技について書きたいと思います。
3年生になってから前半シーズンは継続して練習ができ、ベストに近いタイムが出るという自信をつけることができました。しかし、いざ試合になると狙ったタイムが出せないでいます。これはメンタルの弱さが主な原因だとは思っているのですが、練習ではフォーム等を意識できるのに試合では精神的にも身体的にも余裕を持てなくなり、視野が狭まった結果、自滅しているのではないかとも考えています。

今読んでいる本に
「犬は描きにくく、鬼は描きやすい」
つまり、すぐ身近にいる犬のようなおとなしく控えめな存在は正確にとらえることが難しいが、派手で大げさな想像物である鬼は誰にだって描ける
という文がありました。この本では日本の諸問題について書かれているのですが、僕は(自分なりの解釈で)競技だったり目標にも当てはまると思いました。
今伸び悩んでいる人は、自分では気づかないかもしれない問題点や苦手なことをまず明確にし、コツコツ解決していきましょう。(自分含め)
ダイアリーもここまで続いているので何かが見えてくるかもしれません。
秋冬シーズンはまだまだこれからなので、低迷気味(僕が足を引っ張っていますm(__)m)の3年生世代からチームに勢いがつけられるような走りができるように頑張っていきたいと思います。
まとめが雑になってしまいました。すみません笑

少々堅苦しい感じになってしまいましたが、次はファンキーなブログにしてもらいましょう。
和田に回します。よろしく!
2017/10/07
カテゴリ: 日記 : 

執筆者: いとう (21:42)
清水まわしてくれてありがとう!そして投稿が遅れてすいません。長距離2年の伊藤です。タイトルは今自分が読んでる本の名前です。今年度初なので自己紹介からします。

名前:伊藤公太
学部:理学部化学科
出身:名古屋生まれ名古屋育ち
現役の時受けた大学:名工大(前後)、同志社、名城(全部工学部。名城のみ合格)
浪人の時受けた大学:名大、名城、豊田工業大学(全部合格)

今からとりとめのないことを書きます。読んでもおそらく皆様の時間を奪うこと請け合いなので一番下までスクロールすることをおすすめします。

先日行われました一橋戦で5000に出場しました。結果は自己ワーストでした。PBはおろかUBも更新できない状態です。今僕は一番下の設定で練習をしていますが全くその設定タイムで練習がこなせていません。今日のミーティングで部の底上げ、という話がでましたがまさに僕がその底に位置してるんだな、と思いながら話を聞いていました。あってるか間違ってるかはともかく、人は切磋琢磨できるライバルがいると互いに競い合い能力が向上すると言います。僕は一番下に位置しているので比較対象が部内には存在しません。ですので僕は高校の時の自分とよく比較しています(もちろん同じ土俵でくらべられないが。)。高校の時は朝練をやってました。毎回7kmくらい走ってました。そのあと授業で(疲れて全部寝る)、部活の練習、といった感じでした。練習日誌もかかさずノートに記入してました。今では朝練もやらないし、ダイアリーの記入も滞り注意を受けるようなだめ人間と化してしまいました。そして、まじめだった自分はどこかに消え、その総決算として今の自分がある、と思います。詳しくはわかりようもないですがこのように考えてる人間がいるとチームの雰囲気を壊してしまうのかな、と考えています。練習すれば自動的に能力が向上するならそんな楽なことはないと思います。それは國司先輩や森長先輩が仰ってるようにその練習の意味を能動的に考えることが重要だと痛感しています。僕にはそれが足りてません。いつも受動的に考えてきたので、今更ですが考え方をかえて練習に臨みたいと思います。

読み返しても殴り書きしたような文章ですが、今僕はこう考えてる、ということを皆さんに知ってもらいたかったです。森長先輩たちのように内容のある話でなくてすみませんでした。

次は飯田先輩に回します。よろしくお願いします。
2017/10/06
カテゴリ: 日記 : 

執筆者: 田中里歩 (23:55)
皆さんこんばんはです
3年の田中です。
國司先輩回してくださりありがとうございます。

ブログ見させていただいてたら自分的にも耳の痛い話で、私が書くのちょっと辛いですがせっかくなので書かせていただきます。
先輩たちのブログ読んでその通りだなぁっと思いながら書いたので同じような内容でしたらすみません。



少し個人的な話をさせていただくと、今季私は満足する結果を何一つ残せていません。ベストを出すどころか、大学ワーストをたたき出しまくってます。
私の場合、食習慣を主とした生活習慣の乱れも原因としてかなりあると思いますが(そこは自己責任として)、私も皆さんもそうかもなって思うことは
目標が目標で終わってるんじゃないか
ってところです。
東海学生を走りたい、〇〇〇mを何分で走りきりたい、この大会で自己ベスト出したい、などなど、誰しも漠然とした目標はあると思います。
その目標をどこまで普段の練習のレベルに落とし込めるかだと思います。

じゃあその目標のために自分は何が足りないのか。ラストスパート?そのペースを刻む体力?スピード?フォーム?
ここも皆自分なりの課題を感じているのではないかと思います。

次にその課題を克服するために練習ではどのような距離をどのくらいのペースで走れればいいのか。そこまで計画を立ててメニューをこなしていくことが大切なのでは、と。

そして先輩も言っているようにメニューの意味を考えて行うことは大事だと思います。
ここで、おかしいだろって思う人が多いかもしれませんが、普段行っているメニューの意味は作った人の意図を考えるよりも(それも大事ですが)、私は自分の解釈でいいと思ってます。というのも課題は人それぞれで、大人数が同じメニューを同じ考えのもとやっても自分の課題はクリア出来ないと思います。自分の課題を考え、それを解決するための対策を見つけて初めてメニューの意味もわかってくる、というよりそのメニューを自分の課題をクリアするために意味のあるメニューにしていくことだと私は思っています。

文章力なさすぎてダラダラと拙く綺麗事書いたような感じになりましたが、実際に私は同じメニューをするものの自分なりの意味を考えて行っています。しかしそのために、メニューをこなしきれていないことも多々あります。そこは私が計画をよく考えきれてないせいであり、焦りがあるからです。課題はいきなり達成できるものではないので段階を踏んで克服していくことが大切だと思います。
試合でこのタイムで走りたいから練習をまずはこのペースでやってみる。距離が長く踏めなかったので次はもう少し距離をのばしていく。というようにそのステップも計画のなかで立てていけたらいいのかなと感じます。
そのステップをあとから見直すためにも最近女子にも導入され始めた練習日誌が役に立つのかな、と。


最後に、目標はあるけどそのためにどのようなメニューをすればいいのかわからない、どんなタイムで走ればいいの、私の考えはほんとにあってる?このままでいい?って思っている人も多いと思います。私もその1人です。しかし山の上は競技力の高い選手がたくさんいるとても恵まれている環境です。どんどん周りに聞いていけばいいと思います。特に男子の皆さんはしっかりとした知識もあって自分では考えていなかった課題も見えているかもしれません。積極的に意見交換をしていけたらいいなと思います。そのためにも男女もうちょっと交流していきたいですね(笑)

長くなりましたが、私が考えていることでした。
実習中で思うように走れていないので自分にも刺さってくる内容ですが、みんなが少しでも目標から考えた計画を具体的なものに見直すきっかけにでもなればいいなと思います。
ありがとうございました。

(1) 2 3 4 ... 259 »

メニュー
2017年度
駅伝の軌跡
HPの使い方
管理人:近藤 利哉
kontoshi827●yahoo.co.jp
[●を@に直して下さい]