SmartSection3 is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
戦力分析 > 全日本大学女子駅伝(2010年度)
全日本大学女子駅伝(2010年度)
投稿者: Hamada 掲載日: 2010-10-23 (2875 回閲覧)

 



名古屋大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

垣津奈美

 

9’32”24

9’32”24

16’10”85

15’51”89

4’35”26

安川裕子

 

10’10”50

10’10”50

17’44”86

17’44”86

4’37”18

山本しおり

 

10’24”78

10’04”78

18’05”94

17’45”26

4’46”

近藤日佳理

 

11’00”14

10’58”

19’01”72

18’42”46

5’02”04

高坂加世子

 

11’20”74

 

18’59”69

18’59”69

 

鈴木亜由子

 

9’22”36

9’10”71

15’37”83

15’37”83

4’18”75

古田祐衣

 

 

 

20’31”40

20’31”40

 

前田紗希

 

11’41”19

11’15”07

19’48”78

19’48”78

5’27”67

眞野果林

 

 

10’28”73

19’45”04

19’45”04

 

 

 

 

 

 

 

 

6人平均

 

10’18”46

10’04”16

17’36”81

17’26”99

 

3年ぶりに全日本大学女子駅伝への出場を決めた名古屋大学。3年前は椙山女学園大学が16位、名古屋大学が23位という成績であった。今回は山の上史上最強チームとなることをめざし、チームで15位に入ることを目指す。

1区を走るのは山本山本は今シーズンは自己ベストを更新できてはいないものの、練習もきちんとこなしており、勝負強さも持っている。しかし、昨年の区間最下位ですら6km2143秒(1キロ337秒ペース)で走っており、周りは格上の選手ばかりで、厳しいレースとなることが予想される。3年前はエースの小山(当時5000m16’54”54)が走って2056秒の区間18位であった。区間距離が200m短くなる今回はまずその小山の記録を上回ることが1つの目標になるだろうか。

2区を走るのは垣津3年前に椙山で全女の2区を走った時は2155秒の区間3位。今回200m長くなるが3年前とほとんど同じコースを走ることとなる。3年前の垣津も秋季の5000m16’16”42で速かったが、今年垣津は夏を怪我なく乗り切り、全カレで16’10”858位に入るという成績を残しているため、3年前以上の結果を期待できそうだ。垣津が何人抜いてくるのかは見ものである。

3区を走るのは鈴木5000mのベストが15’37”83であり、佛教大学や立命館大学を含めた他大学のエースに対しても負けない実力を持つ。インカレ5000m3位、国体1500m4位、5000m6位と安定感もあり、他のランナーをごぼう抜きしてくることは確実だろう。1つ不安となる点は鈴木自身が9.1kmという距離を経験したことがないという点だが、男子とメニューをやっているため、他の女子よりは練習で8000m10000mなどメニューも経験しているため何とかなるだろう。

4区を走るのは安川。東海学生記録会で17’44”86の自己ベストを出し、とても好調を維持している。3年前の椙山で4区を走った金田(当時ベスト17’41”39)は1740秒というタイムで4区を走っている。このタイムが一つの参考になるのではないだろうか。垣津鈴木によって前の方で襷がもらえることが予想される為、周りのランナーも速いだろうが、焦らず自分の力を発揮してほしい。

5区を走るのは近藤。予選会以後調子を崩してしまったが、今は練習もこなし徐々に調子を取り戻している。3年前は椙山の野田(当時べスト17’59”44)が15’46”、名大の徳永(当時ベスト19’07”44)が16’03”で走っており、そのあたりのタイムが1つ目標となるか。5区は距離は短いが上り坂があり、とてもタフなコース。持ち前の根性で粘りの走りをし、アンカーの高坂に襷をしっかり渡してほしい。

6区を走るのは高坂8kmという長い距離ではあるが、高校時代に競歩をやっていた影響なのか、高坂には距離に適性があるように思える。また、東海学生記録会でもイーブンに近いペースで走り18分台に突入した。距離が長いため周りのランナーも強いことが予想されるが、自分の走りを守って冷静に走ってほしい。3年前は椙山の光田(当時SB17’55”05)が2925秒、名大の天野(当時18’30”84)が3015秒で走っている。8kmという長い距離は上手に走るか、オーバーペースになるかでだいぶタイムが変わってくるだろう。前の5人の走者がつないできた襷を少しでも早くゴールに持ってきてほしい。

 

相手校を濱田の独断と偏見によって評価すると、

 

12位  佛教、立命

3位    名城

48位  白鴎、大阪学院、城西、松山

912位 福岡、京都産業、日本体育、玉川、大阪体育

1216位 東京農業、順天堂、城西国際、鹿屋体育、

1720位 日本、奈良産業、関西、中京

2122位 東亜、東北福祉

2324位 新潟、北教

といった感じになりそうである。

だから、目標とする15位という順位を取るためには

東京農業大学、順天堂大学、城西国際大学、鹿屋体育大学あたりのチームに勝たなければならない

 

あんまり情報がなかったので、正確に予想できるとはとても言えませんが、参考程度に…。

 

 佛教大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

西原加純

4

 

 

15’27”94

15’27”94

32’29”59

石橋麻衣

3

 

 

15’44”96

15’44”96

4’18”02

川嶋利佳

3

 

 

15’53”92

15’53”92

33’56”60

平井恵美

3

 

 

16’32”57

16’13”35

33’52”62

吉本ひかり

3

9’12”45

 

15’26”72

15’26”72

31’30”92

竹地志帆

2

 

 

16’03”91

15’40”64

33’22”36

森知奈美

2

 

 

15’52”75

15’52”75

 

海野美耶

1

 

9’34”07

16’19”13

16’19”13

 

竹上千咲

1

 

9’29”72

16’25”34

16’25”34

4’27”11

前田彩里

1

 

9’21”

16’12”85

16’12”85

4’24”39

6人平均

 

 

 

15’45”03

15’41”15

 

昨年、優勝を果たした佛教大学。昨年の全女と選抜の優勝メンバーから抜けたのは森唯我の1人だけ。今年も優勝は確実かとも思われたが、立命館大学が強くなったこともあり、9月末に行われた関西学生駅伝では立命館に負けてしまった。インカレの結果をみても立命館大学には少し劣るようにも見える。しかし、西原吉本のエース2人をはじめ、展開がはまった時にはとてつもない力を発揮しそうだ。また、丸亀で行われた記録会では多くの人がPBをだし、チームとして底上げされてきた印象がある。

エースの西原はシーズン前半は16分台を連発し調子がよくなかったが、全カレで1538秒という好タイムで優勝して復活を果たした。しかし関西学生駅伝では立命館の田中華絵6.5kmで23秒離されてしまう。だが先日行われた丸亀の記録会で152794の自己ベストを出しており、安定感には少し欠けるが快走した時の爆発力は計り知れないものがある。そして西原と並ぶエースが10000mの日本学生記録(313092)をもっている吉本西原とは対照的に春先のシーズンは絶好調だったが、夏や秋のレースでは少し調子を落とした。直近の大会では国体で1537秒とまずまずの結果に戻ってきているようだ。そしてその2人の脇を固めるのは昨年の優勝メンバーである石橋、竹地、森3人。石橋1500を中心に活躍するスピードランナーで、昨年は1区で区間賞を獲得。今年も1区に起用される可能性が高い。竹地は今年はまだ15分台では走れていないものの、全カレの10000mで3位に入るなどそれなりに結果は残している。ただ、国体組以外の主力がほとんど出場していた丸亀の記録会で棄権していたため怪我の可能性もあるため、竹地が起用されるかどうかには注目したいところ。昨年5区で大幅に区間記録を更新したも全カレで6位、また丸亀の記録会でも自己ベストを更新し好調を維持している。を昨年に引き続き5区に使えれば仏教としては心強いだろう。残りの1人はおそらく先日の丸亀記録会で15分台に突入した川嶋の可能性が高いが、関西学生駅伝でAチームを走った海野などにも勢いはあり、調子のよい人が起用されることとなるだろう。

 

立命館大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

岩川真知子

3

 

 

16’02”94

16’02”94

33’07”32

竹中理沙

3

 

 

15’31”12

15’31”12

 

田中華絵

3

 

 

15’54”18

15’54”18

33’17”52

沼田未知

3

 

 

15’57”33

15’41”00

32’47”41

川上夏紀

2

 

9’17”55

 

 

4’25”05

近藤彩乃

2

 

 

 

16’59”30

 

夏原育美

2

9’19”50

 

 

15’53”57

 

伊藤紋

1

 

 

 

16’07”83

4’20”58

加藤未有

1

 

9’33”05

 

16’29”29

 

藪下明音

1

 

9’04”88

 

16’18”86

4’18”84

6人平均

 

 

 

 

15’51”77

 

昨年は連覇が途絶えた立命館大学。エースである小島一恵が卒業したが、全カレで多くの入賞者を出し、優勝するだけの戦力は充分にそろっている。今季好調なのは全日本インカレと国体の5000mで両方とも2位に入った竹中。春先のクロスカントリーから調子がよく、今季は安定した結果を出している。5000mのタイムも153112と大学トップレベルである。そして、竹中に引けを取らない活躍をするのが全カレの10000mで優勝した田中。関西学生駅伝の3区でも仏教大のエース西原を相手に4秒のリードを27秒に広げる活躍を見せた。それ以外にも昨年からのメンバーである沼田、岩川にも全カレの10000m5000mでしっかりと入賞している。

それらの既存の戦力に加え、藪下、伊藤といったルーキーや夏原の復活によりより戦力が増した。藪下、伊藤はシーズン初めから1500mを中心に好タイムを出し、特に藪下は世界ジュニアにも出場、最近行われた記録会でも904秒の好タイムを独走で出し、関西学生駅伝でも3.3kmの区間で区間記録を13秒も更新する走りを見せた。そして、高校時代に都大路の5区を1535秒で走った夏原が記録会で919秒と復調してきた。元々ロードに強さを発揮する選手であっただけに、完全に復活すれば大きな力となる。

 

 名城大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

亀井久美子

4

9’29”34

9’22”23

16’22”07

16’14”20

 

浦川有梨奈

3

9’26”17

9’16”67

16’16”74

16’02”16

 

須谷綾香

3

9’36”79

9’29”98

16’21”58

15’59”69

 

谷水見圭

3

9’23”94

9’23”94

16’38”13

16’15”91

4’23”12

津崎紀久代

3

 

9’31”30

16’44”87

16’07”39

 

野村沙世

3

9’20”81

9’20”81

16’12”60

16’01”76

32’47”41

小田切亜希

2

 

 

16’08”16

15’52”08

32’43”45

八木絵里

2

9’29”50

9’29”5

16’05”52

16’05”52

 

池田絵里香

1

9’36”30

9’17”83

16’13”84

16’01”49

 

柴田彩香

1

 

9’31”67

16’48”59

16’21”05

 

平均6

 

9’27”67

9’21”83

16’13”07

16’00”45

 

ここ最近はずっと3位が続いている名城大学。2強に割って入りたいものの、立命、仏教の両大学とは少し力の差があるように思える。チームのエース格の選手は野村。昨年もエース区間である3区を走り今年に入っても全カレの50009位に入り、その他記録会でもチームの中で上位の成績を残している。そして最近勢いがあるのが八木で、全カレで11位、最近の記録会でも野村とチームトップを争うことが多く、東海インカレや東海学生記録会では自己ベストを更新して野村に先着した。その2人に続く成績を最近残しているのは須谷、浦川、池田、津崎あたりだろうか。中でもルーキーの池田は最近になって徐々に高校時代の調子を取り戻してきているようで、期待ができそうだ。また、これら以外の注目する選手となると、スピードランナーの谷水、そして最近試合に出場していない小田切2人。谷水はインカレ路線では800m1500mに出場し、東海インカレでは2冠を達成した。ただ、全女は最短区間が4kmなので起用されるかどうかは微妙なところである。そして小田切10000m32分台の記録を持ち、本来ならエースと言うべき存在である。しかし全カレを欠場したほか、豊橋の記録会、東海学生記録会にも出場しておらず、全く調子がつかめない。怪我という可能性が高いと考えられるが、もし小田切が主要区間に起用されるようなら、侮れない存在となる。

  

城西国際大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

大橋春香

4

 

9’49”48

 

16’49”00

4’41”48,36’59”13

西田かすみ

4

 

9’52”33

 

16’44”44

4’37”40,36’57”87

阿部有香里

3

 

9’24”92

 

15’53”03

4’32”29,34’43”93

中村萌乃

3

 

9’32”82

 

16’18”24

4’38”11

星野純子

3

 

9’55”39

 

17’20”07

4’46”8

花田菜美子

2

 

9’58”48

 

17’45”48

4’45”07

遠藤咲

1

 

9’58”91

 

17’16”31

4’39”79

工藤りさこ

1

 

9’43”28

 

17’19”84

4’41”91

千葉遥

1

 

9’48”43

 

 

4’30”33

三浦舞子

1

 

10’03”95

 

 

4’36”70

6人平均

 

 

9’41”87

 

16’23”47

 

昨年4位に入り、シードを獲得した城西国際大学。昨年のメンバーのうち、4年生は1人で、しかも5区という短い区間だったため、あまり戦力がダウンしないかと思われたが、去年1区で好走した細谷の名前が部員名簿になくなっていた。関東学生駅伝では主力を投入したにもかかわらず8位という結果であり、チームの状態としても調子が上がらない印象を受ける。チームのエースは阿部であるが、関東インカレ、全カレといったトラックレースでの大きい大会では17分台の記録を叩きだしてしまうこともあり、あまり調子が良くないように見えた。しかし、先日行われた関東学生駅伝では最長区間の最終区で区間賞を獲得し、強さを見せた。昨年も3区を走っているため、阿部が主要区間に回ることは間違いなさそうだ。そして今季は阿部の次に結果を残せているのが中村。昨年は出場していないが、一昨年は3区で3039秒(区間8位)という成績を残しており、本来力のある選手である。関東学生駅伝でも2番目に長い4区を走っているため、中村も主要区間に回るだろう。細谷の穴を埋めることができるか。また、昨年アンカーを区間5位で走った西田は関東学生駅伝の1区では区間14位と振るわなかった。西田が去年のような走りができればシード権が近くなるがどうか。それ以外の選手だと花田が関西学生駅伝のBチームの1区を走り、西田に先着している。また、三浦も関東学生駅伝の2区を区間3位で走り、データ以上の強さが見られた。遠藤大橋もまずまずの走りを見せているが、ベストからすると少し物足りない気もする。当日は実績のある選手が使われるのか、勢いのある選手が使われるのかにも注目である。

 

 城西大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

斎藤千聖

4

 

 

 

15’55”84

33’38”97

丹野久美子

4

 

9’32”99

 

16’22”55

 

中野和紀

3

 

9’44”6

 

16’43”94

 

山田美紀

2

 

 

 

16’09”60

33’52”59

小坂明菜

2

 

9’54”27

 

16’44”50

 

谷町衣里奈

1

 

9’35”22

 

16’19”17

 

伊藤香澄

1

 

9’46”28

 

16’36”78

 

片貝洋美

1

 

9’20”16

 

16’11”79

 

後藤百絵

1

 

9’43”81

 

16’22”72

 

橋本奈海

1

 

9’40”26

 

16’42”57

 

6人平均

 

 

9’36”17

 

16’13”61

 

昨年5位でシードを獲得した城西大学。エースの酒井が卒業したものの、関東学生駅伝では1年生チームで3位に入るなど、昨年よりも補強が進んでおり、少なくとも選手層は厚くなっている。1年生の中でも元気がいいのが片貝。常磐の元エースで高校駅伝でも1区で区間7位で走るなど高校時代の実績は充分な選手。関東学生駅伝でも1区で2位に入り、好調も維持している。その他谷町、伊藤、橋本も関東学生駅伝をみる限りはそれなりの力で走ることができそうだ。上級生では昨年のメンバーである斎藤、丹野、山田あたりは力があるが、エースと呼べるまでに跳び抜けて成長はしていない。昨年1区を区間5位と好走した井上がエントリーされていないが、そこは1年生で穴を埋めることはできるだろう。粒がそろっているだけに誰がどこの区間を走るのかということが分かりにくいが、斎藤、山田あたりの上級生は10000mもしっかり走ることができる能力を持っているので、短い区間に下級生を配置し、長距離区間を上級生が担当することになるのではないだろうか。

 

 京都産業大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

竹本紗代

4

 

 

 

16’08”65

33’57”37

福森千晶

4

9’56”19

 

 

16’26”66

33’58”76

伊藤恵

3

 

 

 

16’04”73

 

眞尾美乃里

3

 

 

 

15’58”4

33’36”49

上畑友香里

2

9’56”94

9’55”74

 

 

36’35”51

勝谷夏美

2

10’04”71

 

 

16’43”46

33’30”95

山川美里

2

9’47”27

 

 

16’23”34

34’03”57

安藤りか

1

 

 

 

 

4’48”61

海野佳那

1

9’59”59

9’59”59

 

 

4’55”87

佐藤佳菜江

1

10’15”39

9’58”50

 

 

4’34”46

6人平均

 

10’00”10

 

 

16’17”54

 

過去34位、6位、6位と安定して成績を残している京都産業大学。エースは全カレで6位に入賞した勝谷夏美。関西学生駅伝でも3区区間4位で走り、10000mのタイムではチームトップ。5000mのタイムは良くないが、それ以上の力がありそうだ。山川も昨年よりも500010000mの両方とも自己ベストを更新している。ただ、昨年のメンバーで主力であった福森、眞尾、伊藤、の3人があまりふるっていない様子。福森は関西学生駅伝の最終区を区間4位で走っているし、まだ結果を残しているのだが、伊藤、眞尾に関しては最近試合にも出場していない状態。持ちタイムは良くても当日は使われるのかは微妙だ。竹本も持ちタイムがよく、12年の時には主要区間を走っているのだが、エントリーしていた神戸の記録会にも棄権し、全くどういう状態なのかが分からない。本来持ちタイムだけならシードが有力視されるべき大学だが、今年は少し厳しい戦いになりそうだ。ただ、関西学生駅伝をみる限りでは海野佐藤はそれなりに走ることができるようで、関西学生駅伝で4位に入っているだけの実力があることも確か。上級生の調子が読めない現在ではシードがとれるかどうかは1年生の成長にかかっている。

 

 北海道教育大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

澤向美沙希

4

 

 

 

17’19”75

36’47”49

白石はるか

3

 

 

 

18’27”87

39’43”03

不藤希

2

 

 

 

20’26”75

2’28”39

吉武ともよ

2

 

 

 

21’06”72

2’35”80

佐藤未来

2

 

 

 

20’23”75

5’13”56

岩原美佳

2

 

 

 

 

 

岸真梨子

1

 

 

 

18’03”60

4’49”43

長平奈々

M1

 

 

 

 

 

柴山香織

3

 

 

 

19’36”85

44’11”33

橋口夏織

4

 

 

 

 

 

6人平均

 

 

 

 

19’03”09

 

最近は全女に出場はしているものの、最下位が続いている。昨年は24位の新潟大と7分以上もの差がついた。

その時のメンバーでも全員5000m20分は切っていたので、昨年のメンバーのうちの3人が卒業し、層が薄くなった今回はさらに最下位を脱出するのが難しくなりそう。エースは北海道インカレ5000m100002冠の澤向3年連続で1区を経験しており、今年も1区で走るだろう。年々区間記録と区間順位は上がっており、昨年は2059秒で区間22位で走った。昨年の5000mの記録も更新しているので今年はさらにいい成績を残してきそうだ。また、ルーキーの岸真梨子も入学以来記録を伸ばしており、持ちタイムから見ても主要区間を任される可能性が高そうだ。それに昨年2区を走った白石はるかを加えた3人でできるだけ他大学と競り合いたい。残りの3人は残念ながら他大学には大幅に劣ってしまっている。北海道予選でも北海道大学の400mランナーに負けてしまっている選手もいるくらいである、しかし、800mや1500mのタイムをみるとそれほど悪いわけではないので、不藤佐藤といった選手がどうやって長い距離に対応していくのかということも結果を左右してきそうだ。

 

 東北福祉大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

中村亜衣

4

 

 

17’20”99

17’20”99

 

植村紗希

4

 

 

 

17’53”03

 

石山真紀子

3

 

 

17’04”10

16’50”72

4’32”00

安田美紗

3

 

 

 

17’35”26

 

信夫香織

2

 

 

 

17’49”10

 

松井望

2

 

 

 

17’29”88

 

川村璃里

1

 

 

 

16’53”81

 

藤原礼佳

3

 

 

 

18’07”80

 

佐藤智夏

2

 

 

 

18’13”40

 

渋谷夏希

1

 

 

 

17’55”06

 

 

 

 

 

 

17’29”96

 

昨年のメンバーからエース格であった成田箕輪が抜けたが、新入生にも選手として活躍できる選手が入ったため、昨年からの戦力ダウンを感じさせず、むしろ昨年よりも充実した戦力が整っていると言えそうだ。チームトップのタイムを持ち、昨年2区で区間14位だった石山はベストは更新してはいないものの、10月に行われた東北学生陸上選手権大会の5000m170410で優勝しており、今年も昨年に匹敵する力を持っていそうだ。そして、昨年は怪我かなにかでメンバーに入っていなかった中村が今年は復活し、東北地区の予選会では全体で2位(チームトップ)で走り、自己ベストも1720秒まで更新してきた。また、ルーキーの川村も自己ベストほどではないが東北インカレの5000m1703秒で石山に次ぐ2位に入り、その後も安定して17分前半の成績を残している。この3人は東北大の及川と同等くらいの実力を持っていると考えることができる。その3人から後は少し実力差があるものの、松井安田は予選会でそれぞれ1750秒、1800秒というタイムで走っている。この二人は先日の東北学生陸上選手権大会では18分かかってしまっていたので、そこが少し不安か。その代わり渋谷はそのレースで自己ベストを更新して17分台に突入し、勢いがいい。東北福祉大の層は厚く、その他にも昨年のメンバーである信夫植村も元々18分を切る力があるため、起用された選手は全員18分を切る程度の実力は持っていると考えた方がいいだろう。

  

白鴎大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

有坂由香利

4

 

10’15”22

 

 

4’35”69

佐々木春奈

4

 

10’03”18

 

17’25”55

 

井上智美

3

 

9’37”89

 

 

4’35”10

小林美友

3

 

9’36”67

 

16’31”23

 

高田晴菜

3

 

 

 

16’29”78

 

米屋由希

3

 

10’17”91

 

 

4’55”80

大江茉莉香

2

 

 

 

16’23”37

34’13”19

川又千聖

2

 

9’37”28

 

16’35”27

 

清水美穂

2

 

9’31”64

 

16’24”33

 

梶田早紀

1

 

9’49”

 

 

4’40”20

 

 

 

9’42”61

 

16’38”25

 

関東地区予選をトップで通過した白鴎大学。昨年の全女は8位だったが、選手全員が12年生という若いチームであり、昨年より強いことは確実ともいえる。持ちタイムから見ても分かるようにとび抜けたエースはいないが、6人のメンバー全員が3000m930秒台、5000m1630秒前後で走ることができるバランスの良いチームだ。しかも、6人全員がベストに近い水準で最近の大会も走っている。関東学生駅伝では昨年の全女メンバーのうち小林、高田、大江、川又、清水5人がそのまま走り、それに井上が加わるというチーム構成であった。この6人がすこし実力的に抜けているので、何もなければこのメンバーがそのまま全女を走ることとなるだろう。

前述したとおりとび抜けたエースはいないのだが、前回の全女や関東学生駅伝で長距離区間を走っている清水、大江、高田3人が主要区間を走ることになるだろう。つなぎの区間では他チームを上回ることができるだけの戦力がそろっているため、この3人が上手く走ることができるかどうかが結果に大きく結び付いてきそうだ。名城大学にはまだまだ実力的には及ばないものの、相手がミスをしたりするとひょっとすると名城大学あたりにも勝つことができるかもしれない。

 

 日本体育大学

名前

学年

3000SB

PB

5000SB

PB

その他PB

須黒なつ美

4

 

9’27”61

 

16’11”88

 

田辺彩

4

 

9’40”05

 

16’51”92

 

浅香苑美

4

 

9’50”43

 

16’52”64

 

角屋由佳

4

 

9’41”67

 

17’00”61

 

畠山静香

4

 

9’37”14

 

17’23”70

 

櫻井秀巳

3

 

9’36”54

 

16’34”93

 

山田梨花

3

 

9’52”95

 

17’34”71

 

栗田泰葉

2

 

9’43”25

 

16’50”49

 

蛭田あゆみ

2

 

9’42”69

 

16’58”56

 

市村浩美

1

 

9’57”30

 

17’11”46

 

 

 

 

9’37”61

 

16’43”40

 

関東地区予選を2位で通過した日本体育大学。昨年は出場することができなかったため、2年ぶりの出場となる。須黒がエースであり、関東インカレ5000m3位、10000m5位、その他にも様々な大会で安定して1630秒くらいの記録を出している。おそらく主要区間に起用されるだろう。須黒以外の実力は拮抗しており、層が厚いため、調子のいい選手を使ってきそう。ただ、その中でも櫻井の力は少し抜けていそうだ。また、関東学生駅伝で区間賞を取った田辺や最長区間を走った角屋をどう起用してくるのかも見もの。バランスはいいチームだが、須黒以外大きい大会で活躍しているものが少ないので、シード権にはすこし厳しいようにも思えるが、つなぎの区間は他の大学に対して優位に立っている。エース区間でどれだけ粘れるかがカギとなりそうだ。

 

 玉川大学

名前

学年

3000SB

PB