SmartSection3 is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
戦力分析 > 全日本大学駅伝予選会(2010年度)
全日本大学駅伝予選会(2010年度)
投稿者: どい 掲載日: 2010-6-15 (3383 回閲覧)

【名古屋大学】

1組目:田中佑治 濱田洋平

1組を任されたのは昨年と同じ田中、濱田の2人。ともに14分台のベストを持ち安定感も高い。田中は今季、記録は出ていないものの名阪戦で好走しており、練習も強く不安はないだろう。濱田は東海インカレ5000m6位と他校のエース級と勝負できる力を持つ。昨年のように終盤で抜け出してタイムを稼ぎたい。

2組目:平岡悠 阪口剛志

6年目で2回目の予選会となる平岡と初出場の阪口が走る。平岡は野崎さんのおかげで安定して練習が積めており、東海インカレ3000mSCで自己ベストで4位入賞と好調。他のレースでも大崩れすることなくまとめており地力は去年より確実に上がっている。初出場の阪口は東海インカレ10000mの走りが評価されてメンバー入り。スタミナにやや不安があるが、そこは持ち前のスピードでカバーしてくれるだろう。

3組目:村西研郎 矢野祥一

安定感抜群の村西と期待のルーキー矢野が出場する。村西は東海インカレ5000m4位、名阪戦も好走と問題なし。3組でトップをとることが目標になるだろう。矢野も安定感があり大崩れしない。距離にも適性があり、ここで存在をアピールしたい。村西にはタイムを稼ぐ走りが、矢野には相手の2番手を抑える確実な走りが求められる。

4組目:鈴木慎 山本崇博

鈴木、山本とも3年連続の最終組となる。各大学のエースが揃うと予想されるがトップをとって名大の強さを示したい。静大から名大院に入学した鈴木、全日本に出るために来たのだから出場権は絶対にとらなくては。東海地区トップレベルの走力に加えどんな展開になっても確実にまとめる冷静さと強さがあり、最終組には最適の選手だ。山本は過去2回とも藤永に頼ったレースだったが今年は自立した走りをしたい。距離適性はあり、最近は失敗レースもないので大丈夫だろう。

補欠:梶田拓弥 河合徹 羽生田智彦

3人とも選手に引けを取らない実力があり、選手層に不安はない。梶田は研究が忙しい中でも名阪戦で結果を残し、練習でも調子を上げてきている。河合は着実に実力を伸ばしてメンバー入り、距離に適性があり大崩れすることもない。羽生田は今季出遅れていたが、最近の練習での復調してきた。過去2回出場と経験も豊富で距離適性も高い。

【中京大学】

3年連続の出場を狙う。過去2年は先行逃げ切りの布陣で最終組を前にして勝負を決めていた。今年はどのような布陣で臨んでくるだろうか。絶対的なエース、山下をどこに置くかが注目される。1,2組に置くようであれば大量貯金を狙ってスタートから飛び出すだろう。

山下の脇を固めるのは渡辺、三方、神谷、橋本あたりか。過去2年好走しており予選会には強い渡辺、東海インカレ2冠で勢いのある三方、安定感があり大崩れしない神谷、東海インカレ10000m8位入賞の橋本、この4人はどの組に置いてもトップ、上位を狙える力がある。

残り3人は予想しにくいが横田、近藤駿一、高橋、上原あたりだろうか。みな5000mで15分前後の持ちタイムがあり調子がよいものを選んでくるだろう。近藤駿一、上原は高校時代の実績もある。また今季は結果を残せていないが、前回、前々回に出場している廣田、近藤雄太、栃木らも復調しているようなら侮れない。

【愛知工業大学】

長期に渡ってチームを支えてきた田中、金谷、中山、山村らが卒業し、今季の試合結果をみる限り戦力ダウンは否めない。とはいえ東海インカレは不振でも予選会では化けるかつての四日市大のような例もあり油断は禁物だ。全日本14回出場の経験もあり、予選会までにどれだけ戦力を上げてくるか。

主力となるのは1年時から活躍してきた長坂、大原の2人になる。ともに10000m30分台の記録を持ち他校のエースに引けを取らない。おそらくこの2人がタイムを稼ぐ役割を担うだろう。

それに続くのは萱垣、山内、中島、水野、割田、樋口らと思われる。5000mの持ちタイムは15分台前半であるが萱垣、山内、樋口はインカレで好走している。ただし樋口はスタミナに不安がある。また昨年14分台の伊藤は今季試合に出ておらず、おそらくエントリーされないと予想する。

【皇學館大學】

近年強化を始め、力を伸ばしてきた。名岐駅伝では名大と1分30秒差でゴールしている。

エースはスピードのある小野、それに続くのが相田、川村、桜井あたりとなるだろう。さらにかつて愛工大で活躍した鳥羽も復調すれば強力。

残り3人は誰が選ばれるか読み難い。しかし、下級生の急成長などで駒がもう2,3枚そろえばかなりの脅威となる。

【愛知教育大学】

伊藤、小塚の2枚看板は強力、加えて丸尾も今季絶好調で勢いがある。また鈴木も地力はある。この4人までは上記の大学と引けを取らないが、5人目以降がやや力に差があり、選手層にも不安がある。しかし他の大学が前半でブレーキしているようなら一発逆転もあるかもしれない。

名古屋大学
名前 学年 5000mSB (PB) 10000mSB (PB)
山本崇博 4 14'48"42 14'39"95 30'57"18 30'21"97
村西研郎 4 14'51"15 14'42"89   30'44"85
鈴木慎 M1 14'56"51 14'42"92   30'39"31
濱田洋平 4 14'57"04 14'47"45   31'30"11
平岡悠 6 15'11"96 14'50"18   31"15"18
田中佑治 M1 15'20"47 14'50"59   31'24"97
矢野祥一 1 15'24"77 15'16"61   32'43"
梶田拓弥 M1 15'27"77 15'01"34   31'38"55
阪口剛志 M1 15'31"21 15'13"17 32'34"98 32'26"94
河合徹 3 15'33"97 15'33"06 32'55"86 32'55"86
加藤孝盛 3 15'40"49 15'40"49   33'40"69
岩永晃人 4 15'45"39 15'31"87   32'57"22
           
           
上位8名平均 15'07" 14'51"   31'15"
中京大学
名前 学年 5000mSB (PB) 10000mSB (PB)
山下洸 4 14'10"72 14'10"72 30'55"20 29'54"81
渡邊大介 5 14'52"62 14'49"35   30'41"33
高橋弘幸 2 15'09"51 15'02"19   30'49"92
近藤駿一 1 15'07"15 14'43"70    
三方勇輔 3 14'47"67 14'47"67   31'24"7
横田成哉 2 14'55"18 14'55"18   32'34"86
橋本一樹 2 15'11"64 14'59"81 31'23"78 30'50"52
山本起大 3 15'23"38 15'23"38   33'44"74
芝田遼 3 15'29"21 15'20"54   31'28"45
上原寛大 1 15'29"13 14'57"09    
吉川朋希 2 15'15"62 14'55"29   31'45"72
神谷泰光 M1 15'11"00 14'56"67   31'00"02
野沢俊 2 15'18"75 15'02"19   32'44"
廣田智哉 4   14'59"51    
栃木一成 3 15'45"06 15'04"52   31'11"10
上位8名平均 14'55" 14'47"   30'59"
愛知工業大学
名前 学年 5000mSB (PB) 10000mSB (PB)
長坂公康 3 14'50"23 14'44"43 31'01"59 30'49"01
大原司 3 15'23"81 14'39"37 31'22"08 30'50"35
水野真宏 4 15'33"58 15'03"97   31'35"18
萱垣義樹 1 15'15"24 15'12"40    
石塚公也 2 15'46"31 15'35"00   33'34"56
山内康平 3 15'22"52 15'22"52   33'04"80
樋口健太 4 15'23"98 15'13"23    
青木良太 4 15'39"24 15'39"24    
中島康平 2 15'41"42 15'25"12   32'07"08
林裕貴 1 16'01"33      
割田雄貴 2 16'16"94 15'27"00 32'20"39  
伊藤晶寛 2   14'57"    
松下智之 3   15'10"48    
孝久朝則 4 16'48"06 15'12"34   31'35"12
上位8名平均 15'23" 15'02"    
皇學館大学
名前 学年 5000mSB (PB) 10000mSB (PB)
小野郁文 3 14'59"17 14'45"62 31:55.13 30'56"37
太田昌希 2 16'13"42 15'08"35 31:44.58 31:44.58
相田達哉 4   15'03"58 31:51.55 31'25"63
加藤文崇 3       33'25"39
川村幸夫 3   15'16"59 32:06.62 31'46"01
谷口佳希 3     33:09.90 33:09.90
桜井翔太 2   14'57"68 32:16.18 32:16.18
谷崎晃司 2   15'21"67 33'31"99 33'31"99
辻野裕斗 2       33'40"70
寺田昂平 2   15'20"58 31:56.32 31:56.32
長澤悠 2        
鳥羽邦彦 2   14'57"14   30'53"82
石坂健太 1 15'45"04   31:49.67 31:49.67
大山竜矢 1 15'46"93   32:09.84 32:09.84
上位8名平均   15'04"   31'37"76
その他大学有力選手
愛知教育大学
名前 学年 5000mSB (PB) 10000mSB (PB)
伊藤文浩 M2 14'47"58 14'33"98 31'11"18 30'30"22
小塚雄介 4 14'56"94 14'54"72   30'49"74
           
           

  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

このカテゴリの記事 ヒット
全日本大学女子駅伝予選会(2006年度)
4706
全日本大学駅伝予選会(2006年度)
4492
全日本大学駅伝予選会(2010年度)
3384
全日本大学女子駅伝予選会(2010年度)
3485
全日本大学駅伝(2010年度)
3972
全日本大学女子駅伝(2010年度)
2875
メニュー
2020年度
駅伝の軌跡
HPの使い方
管理人:大橋 基希
dekahashi_8321@ezweb.ne.jp
[●を@に直して下さい]