SmartSection3 is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
戦力分析 > 全日本大学駅伝予選会(2006年度)
全日本大学駅伝予選会(2006年度)
投稿者: 末次 掲載日: 2006-8-31 (4492 回閲覧)

 先日行われた強化委員会により、三好池で行われる最後の予選会となる今回の大会。優勝校一校のみが11月に行われる本大会へと駒を進めることができる。名大は昨年、前半は優位にレースを進めたが終盤に失速、3位に甘んじた。今年のメンバーは今年5000mの平均タイムこそ昨年より少し劣るが、練習の出来では昨年のチームを総合力で上回っており、エース中村、伊藤頼みだった前回よりも確実に合計タイムを上回るだろう。昨年の優勝タイムは5時間31分19秒、名大は5時間37分11秒であった。今年も飛びぬけた力を持つ大学は不在。ここ数年のように中京大、四日市大、愛工大、名大での四つ巴の戦いが繰り広げられることが予想される。これまで圧倒的な強さで予選を通過していく大学はなく、大きなブレーキがなく全員が力を出し切ることのできた大学が伊勢路への切符を手にしている。戦力は例年以上に拮抗しており、最終区間で集団が形成される可能性すらある。一昨年優勝した四日市大のタイムは5時間32分3秒。おそらく今年も優勝タイムは5時間30分から32分程度になるだろう。

 先日の学内選考会で登録選手11名が決定した。名大は内藤(D3)の復調が好材料。先日半田競技場で行われた夏季大会5000mを14 分46秒で優勝し、学内選考会でも好タイムを記録した。エース中村(M1)は今季1500mで3分52秒の名大記録更新を果たすとともに5000mでもベスト記録にせまるタイムを出し、例年以上に充実したトラックシーズンを送った。学内選考会の三好池タイムトライアルでは2周を25分台という圧巻の走りを見せ、最後の三好池で前人未到の52分台を目指す(本人談)。中村とともに、森本、河合の院生組に元気がある。選考会で3位の走りを見せた森本は昨年1区で区間賞の実績がある。ついに主力選手となった河合は安定感があり、練習でも強い。七大戦では満足な結果を残すことができなかった藤永、小泉、木村も経験を生かしたいところだ。昨年3周区間での最高成績は伊藤の40分55秒。暑さもあり、そこまでのタイムを出すことはなかなか難しいが、それぞれが41分30秒程度、最低42分で走りきれば余裕を持ってアンカーに襷をつなぐことができる。残る一つの選手の座を争うのが、北山、竹村、古川、北村の4人。4年生で最後の三好池となる竹村は私生活も充実し、好調を維持している。残る3人はトラック種目ではそれぞれ10000m、1500m、3000mSCに適性を見せる非常に個性豊かな面々である。

各大学主力選手の今季ベスト記録

名大

1500m(SB) 5000m(SB) 10000m(SB) 5000m(PB)
内藤 聖貴   14'46"24   14'16"70
中村 高洋 3'52"79 14'27"49   14'26"10
河合 健太郎   15'24"05 32'11"87  
森本 一広   15'37"00   15'12"12
小泉 健二   15'11"43   15'09"74
竹村 晃児 4'22"39 15'41"12   15'41"12
北山 和彦   15'40"79 31'54"54 15'26"85
藤永 紘基 4'22"02 15'06"61   14'54"83
古川 良 4'03"71 15'24"36   15'24"36
木村 孝貴 4'18"82 15'24"63   15'12"18
北村 仁 4'16"87 15'40"30   15'30"40
         
愛工大        
野村 真司 4'05"38 14'41"69 31'09"13 14'41"69
吉田 士恩 3'57"53 14'48"46   14'48"46
清水 翔太 4'14"97 14'49"47 32'27"03 14'49"47
鳥羽 邦彦   15'09"53   15'09"53
田中 智博   15'11"69   15'11"69
金谷 将文 4'07"24 15'12"31   15'12"31
山村 圭介   15'20"37   15'20"37
日下部吉彦   15'40"91    
         
四日市大        
山中 勇季   14'52"58 32'41"22 14'52"58
尾崎 大吾   15'08"48 31'34"66 14'47"84
玉村 圭吾   15'07"96 31'44"60 14'58"62
服部 将典   15'11"29 31'19"44 14'56"44
清水 充人   15'20"91 33'25"28 15'00"96
樋口 真大   15'59"25 31'45"59  
田中 一成       14'48"60
土屋 智次   15'26"76    
         
中京大        
原田 恵輔   14'38"75 31'19"00 14'19"
勝俣 翼 3'58"95 15'04"02   14'48"54
伊藤 正人   15'17"92 31'27"02 14'37"
佐藤 大樹 4'06"92 15'17"97    
片桐 淳平 4'04"90 15'18"51    
田中 雅之 4'09"72 15'19"94 31'38"87 15'15"
篠崎 暢哉 3'58"44 15'23"61    
青木 晶 4'02"79 15'36"61   15'17"
天白 真順 4'01"99 15'48"94    
工藤 純       14'51"
         
他の有力選手        
林 寛和
(中京学大)
  15'09"22 32'00"16  

三好池予選会合計タイム歴代パフォーマンス10

四日市大(20025時間2610秒◎

愛知工業大(20025時間2634秒◎

愛知工業大(20035時間2732秒◎

名古屋商科大(20025時間2943秒◎

四日市大(20005時間3026秒◎

四日市大(20035時間3040秒◎

四日市大(20055時間3119秒◎

四日市大(20045時間3203秒◎

名古屋商科大(2000)5時間3208秒◎

名古屋大(20025時間3243

(◎マークは本戦進出)

三好池予選会歴代チーム記録パフォーマンス10

愛知工業大A2002:桐山・竹中・徳山・両角)2時間4148

四日市大A2002:松岡・野村・西崎・永井)2時間4242

愛知工業大A2003:羽根・桐山・堀・牛山)2時間4322

四日市大B2002:樋口・日下部・中村・鎌田)2時間4328

名古屋大A2003:藤田・森本・中村・内藤)2時間4426

名古屋大A2002:瀧川・杉山・小栗・内藤)2時間4427

愛知工業大B2003:徳山・吹田・蓮池・松田)2時間4430

四日市大A2003:玉村・市野・渡辺・日下部)2時間4442

四日市大B2004:樋口・山口・渡辺・尾崎)2時間4505

四日市大A2005:桜井・田中・福田・玉村)2時間4533

 

 

 

  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

このカテゴリの記事 ヒット
全日本大学女子駅伝予選会(2006年度)
4707
全日本大学駅伝予選会(2006年度)
4493
全日本大学駅伝予選会(2010年度)
3384
全日本大学女子駅伝予選会(2010年度)
3485
全日本大学駅伝(2010年度)
3972
全日本大学女子駅伝(2010年度)
2876
メニュー
2020年度
駅伝の軌跡
HPの使い方
管理人:大橋 基希
dekahashi_8321@ezweb.ne.jp
[●を@に直して下さい]